オリモノのにおい原因!体のサインを見逃さないで!

オリモノのにおい原因!体のサインを見逃さないで!

オリモノのにおい原因!体のサインを見逃さないで!

 

オリモノの色やにおいの原因は様々ありますので、不安な時は病院で相談することが一番大切です。女性の体はホルモン分泌と密接な関係がありますので、オリモノの状態を常に把握しておくことは女性のための健康維持に欠かせないポイントです。

 

オリモノは体が知らせてくれるサインで、深刻な病気の可能性もあるため早期発見して正しい対処を行ってくださいね。

 

デリケートゾーンはオリモノやすそがなど、不快なにおいが発生しやすいことも特徴ですが人に知られたら大変ですよね。恥ずかしい思いをする前に、普段から自分のにおいには敏感になりましょう。

 

オリモノのにおい原因は

  • オリモノとは
  • 周期的に量が変化
  • すっぱいにおいの原因
  • オリモノはスソガにも悪影響
  • 普段のケア方法

以上5つの点についてみていきましょう。

 

オリモノとはなに?どんな働きをしているの?

オリモノはほとんどの女性が不快に感じるものですが、一体どんな役割をしているものだかご存知ですか?女性の体の異変を知らせる大切な役割もあるオリモノは、においの原因にもなっていますよね。

 

このおりものとは子宮内膜や子宮頚管、膣壁、汗腺、皮脂腺などからでる分泌物の集合体です。オリモノの状態や量は個人差があり、人と比較できないので自分ひとりで不安になることもあります。

 

膣内は酸性になっていますので、健康な場合のオリモノは少し甘酸っぱいようなにおいが特徴です。色は透明から白く濁った状態で、乾燥するとクリーム色に変わります。オリモノは婦人系の病気を知らせるサインでもありますし、女性ホルモンのバランスやストレスなどによっても量や色が変化する場合もあります。

 

そもそもオリモノの働きは細菌が膣内に侵入しないように予防する働きがあります。また精子が子宮にスムーズに到達にするための手助けも行っていますので大変重要なものなのです。深刻な病気にならないためには、一早くオリモノの変化に気が付くことが大切ですね。

 

オリモノは周期的に量が変化する理由

オリモノは周期的に量や状態が変化していることを知っていましたか?生理直後だと奥に残った経血が混ざって茶色いオリモノが出ることがありますよね。とくに変化するのは排卵期で約2日~3日ほどの間はひと月の間で最もオリモノが多くなり、水のような状態でにおいはそれほどありません。

 

排卵期を過ぎると黄体ホルモンが活発になりオリモノの量は減って粘り気が多くなるため、下着の汚れが気になりだします。生理直前になるとオリモノが再び増加してにおいも気になるでしょう。

 

どろっとした粘り気のあるオリモノが白濁した状態から徐々に経血が混ざり生理がスタートします。女性ホルモンのエストロゲンの働きに影響をされやすいオリモノは、ホルモン分泌が減る30代以降になると量が減りはじめ、更年期の時期を迎える年齢になるとかなり量も少なくなっていきます。

 

すっぱいにおいのオリモノはなぜおこる?

オリモノのにおいの原因ですが、一人で不安になる方も多いと思います。少し酸っぱいヨーグルトやチーズのようなにおいに例えられることがありますよね。

 

この酸っぱいにおいの原因は膣のなかに存在する乳酸桿菌という菌がグリコーゲンを使って乳酸を分泌するため。この乳酸がすっぱいオリモノのにおいの原因で、PHが細菌の繁殖を防ぐように一定のバランスで維持されているのです。

 

菌のバランスが悪くなるとオリモノのにおいが強くなりますが、感じ方は個人差がありますので自分で判断するのは難しいですよね。いつもとは違うなと感じた時はすぐに医師に診察してもらいましょう。

 

オリモノを放置するとどんなデメリットがあるの?

オリモノを放置すると肌のかぶれ原因になったり、スソガ臭が強くなることもあります。デリケートゾーンは湿気や水分が多く肌がふやけた状態になるとバリア機能が低下。すると雑菌の活動も活発になりますのでムレが気になる人もいるでしょう。

 

またムレた肌はかゆみを起こしやすくなり、下着の摩擦は肌のダメージ原因になりますよね。オリモノが増える時期は特に肌への負担も考えて、化学繊維を使用した下着を避けるなど自分の肌質に合わせた対策も重要です。

 

オリモノの量だけでなく敏感肌やアトピーはすぐにかぶれを起こしやすいため、気になる時は医師に相談してくださいね。スソガはアポクリン腺の汗と皮膚の菌が原因ですが、たんぱく質を多く含むオリモノは菌が喜ぶエサになってしまいます。

 

オリモノ自体のにおいが少なくても、汗と混ざり不快なスソガ臭を発生することがありますので、普段から肌を清潔にすることがとても大切です。

 

普段できるセルフケアと注意したいオリモノ

オリモノの色や状態を見るためには、オリモノシートを使ってチェックするのもよいでしょう。においの確認、量や状態などは周期的に変化していますので通常のサイクルを維持していれば問題はありません。

 

しかし生理前や排卵時期とは関係なくオリモノに血液が混ざる場合、急に量が増える場合、またにおいが強くなる時は病気の可能性があります。共通して言えるのはオリモノの量がいきなり増えることで、カンジダ膣炎、細菌性膣症、トリコモナス膣炎、淋菌感染症などの病気の可能性があります。オリモノの変化と同時に下腹部痛や発熱、かゆみや刺激感などがある場合はすぐに病院で相談してください。

 

オリモノのにおいの原因は色々ありますが、色や量なども一緒にチェックして異常を早期発見することが大切です。性病のサインの場合も自分では異変に気が付かないこともありますので、普段からオリモノの状態を正確に知っておくことが大切ですね。

スソガ対策のトップへ

関連ページ

ニオイ対策は清潔が基本!デリケートゾーンの正しい洗い方とは
スソガ対策では人気のワキガクリームを使う方法が推奨されていますが、デリケートゾーンの洗い方はとても大切なポイント。普段からゴシゴシ洗いしていると肌にダメージが残りニオイの原因にもなりかねませんよ。正しいデリケートゾーンの洗い方についてご紹介したいと思います。
入浴後の保湿はニオイ予防に大切なポイント
スソガ対策は肌の保湿がとても重要なポイントになります。洗顔後の保湿はもちろんだけど、ボディケアまで意識しないなんて人も多いはず。スソガは菌のエサになる皮脂をコントロールする点も忘れてはいけませんので、入浴後の保湿方法について見ていきたいと思います。
デリケートゾーンに使う石鹸はどんなタイプがいいの?
デリケートゾーンを清潔にすることはスソガ対策のなかでもとても大切なポイントです。殺菌だけでなくあらゆる角度からメリットのある石鹸を選び、肌に安全にケアすることが大切です。そこで早速ですが、スソガ対策によい石鹸について詳しく見ていきたいと思います。
ニオイ対策にはムダ毛処理も効果あり!脱毛サロンがオススメな理由とは
スソガ対策にはムダ毛の処理をすることが良いといわれています。脱毛は色々な方法がありますが近年とてもブームになっている脱毛サロンが、スソガ対策にも良い理由について見ていきたいと思います。
スソガによいミョウバン水ってなに?効果と作り方
スソガに良いといわれているミョウバン水。ミョウバンにはどのような効果があるのか、そしてスソガに与えるメリットは何か詳しく見ていきたいと思います。ワキガクリームを使ってスソガ対策することが一番理想的ですが、簡単に家にあるものでできる対策方法も万が一の時のために知っておくと安心ですよ。
生理中のスソガはどうしたらいいの?原因と対策を解説!
生理中のスソガは周囲の人にもわかりそうなほどニオイが強くなりますよね。生理中で不快な状態ではどのような対策をとるべきなのでしょうか。効果的なケアをするためにはニオイが発生する原因を理解して、快適な生理期間を過ごせるように心がけてみましょう。では早速ですが、生理中のスソガ対策についてご説明したいと思います。