チチガ対策とケツガ対策によい食事の秘訣について

チチガ対策とケツガ対策によい食事の秘訣について

チチガ対策とケツガ対策によい食事の秘訣について

 

チチガ対策とケツガ対策でオススメの商品は【こちら⇒】でご紹介していますが、デオドラントを使ったニオイケアだけでなく体の中からもアプローチすることもオススメします。チチガ対策やケツガ対策は人には恥ずかしくて聞けないことですが、世の中には多くの女性が同じ悩みを抱えています。とくに10代は新陳代謝も激しいため体臭が気になりやすい年代。同時に恋愛も楽しい時なので、異性の目を気にしてニオイ対策はばっちりやっておきたいですよね。
デオドラントを使ったニオイ対策はこちら!

 

そこで早速ですが、チチガ対策とケツガ対策にメリットになる食生活のポイントについてご紹介したいと思います。早速今日からトライしてニオイを元からブロックしましょう。

 

チチガ対策とケツガ対策によい食習慣とは

  • チチガとケツガの原因
  • 肉食は注意
  • 乳製品をうまく摂取する
  • 食品添加物
  • 抗酸化食品

以上5つのポイントを見ていきましょう。

 

チチガ対策とケツガ対策はまず原因を理解してからはじめよう

チチガとケツガはワキガほどではなくとも、とても嫌なニオイのひとつですよね。もしデートの時にニオイがバレたらどうしようと不安になると、恋愛するのも抵抗になります。

 

そもそもチチガとケツガが起こる仕組みは根本的はワキガと同じ。チチガは乳輪周辺、ケツガは尻ワキガとも呼ばれることがあり、この二つのニオイの発生源はワキガと同じアポクリン腺の汗なのです。

 

アポクリン腺は体の特定部分に集中していますが、ワキ、乳輪、お尻、デリケートゾーン、足の指など、体臭の中でのとくにニオイが強い場所ってありますよね。

 

チチガとケツガはワキガと同様にツーンとくるニオイが特徴で、綺麗に体を洗ってもニオイが発生してしまいます。原因はアポクリン腺からでる汗を皮膚の菌が分解するためで、高温多湿で菌が繁殖しやすい体の部位はさらにニオイが発生しやすいといえますね。

 

チチガはブラジャーで肌が密閉されていますし、ケツガも通気性が悪い体の部位でホルモンが影響する場合もありますよ。

 

肉食の食べ過ぎはニオイを強くする原因

チチガ対策やケツガ対策には食事の見直しがとても大切です。体臭が強くなりやすい10代は体が発育時期にあり、ついカロリーが高いものでも平気で食べてしまうでしょう。とくに最近は日本の食生活が欧米化しているので肉料理も増えていますよね。

 

肉類は動物性たんぱく質になりますので体内でアンモニア臭を発生しやすい特徴があります。また注意したいのが食事をしたときに体温が上がる「食事誘導性熱代謝」と呼ばれる現象。

 

食事をしたときに汗をかいたり体が火照る経験はきっと皆さんあると思いますが、これは食べ物を内臓器官が消化吸収するために活動に必要なエネルギーを使いその際に体温が上がってしまうのです。

 

肉類を中心とした動物性たんぱく質は消化に時間がかかるため食事誘導熱代謝がとても高く、脂質4%や糖質5%よりも多く30%という数値がでています。たんぱく質はアポクリン腺の汗の成分を強くする原因になるだけでなく、食事の際に体温が上がって汗をかきやすくなるという落とし穴もあるのです。

 

乳製品は体にあったものを続けて食べよう

チチガ対策とケツガ対策をするためには、胃腸器官の働きを常に安定させておくことが大切です。若い年齢層だと暴飲暴食をすることもあると思いますが、胃腸に負担にかかるような食べ方は健康にもデメリットになります。食べるときはゆっくりと噛んで1日3食を守り、無理なダイエットは避けましょう。

 

胃腸器官を活発にするために腸内環境を整えることがよく話題になりますよね。善玉菌を増やして腸内環境を活発にすると体内への栄養循環もスムーズになります。そのために善玉菌が多いヨーグルトなどの発酵食品が注目されて、美容やダイエットにも人気がありますよね。

 

しかし注意したいのは牛乳やヨーグルトでお腹がゴロゴロしやすいタイプの人です。乳製品には乳糖という成分が含まれていますが、この成分を消化する酵素が日本人は欧米人よりも少ないといわれています。

 

しっかり消化分解されずに乳糖が大腸内に蓄積されてしまうと有害物質が発生して、アポクリン腺の汗成分がさらに強くなる原因です。

 

胃腸器官を整えるためにはヨーグルトなどの乳製品以外にも納豆やキムチ、みそなどの発酵食品もあります。またヨーグルトを食べるときは自分の腸内環境に合ったタイプを選ぶことも、チチガ対策とケツガ対策にメリットになりますよ。

 

スナックやインスタントなどの食品添加物に注意

スナック菓子やカップラーメンなどのインスタント食品はちょっと小腹が空いたときあると助かりますよね。でもこれらの食品には香料や色素、保存料などの食品添加物が多く使用されているため、過剰に摂取すると体内で有害物質と認識して解毒作用が活発になってしまいます。

 

すると体内では活性酸素が増加しますので、皮脂腺から分泌させる皮脂が酸化してさらにチチガやケツガが悪化する場合もあるのです。

 

そこでワキガの仕組みをもう一度おさらいしてみましょう。アポクリン腺からでた汗は皮膚に住む常在菌が分解して不快なニオイを発生させます。これはチチガとケツガも同じで、この際に皮脂が多く分泌されると菌がさらにエサとして増殖してしまうため、チチガやケツガが悪化してしまうのです。

 

スナック菓子やインスタント食品を食べると皮脂の分泌が多くなる傾向がありますので、結果的に食べ物でワキガやチチガが悪化するという悪循環も生まれてしまいます。さらに年齢とともに強くなる加齢臭も皮脂の分泌量が影響していますので、食事改善は体臭全般に与えるメリットがありますね。

 

抗酸化食品で体の細胞を活性化しよう

体内で発生する活性酸素は紫外線、たばこ、飲酒、ストレスなど様々な原因があります。活性酸素が増えると体が酸性に傾きやすく、皮膚の雑菌が繁殖しやすい状態です。

 

活性酸素は年齢を重ねるごとに多くなり体の細胞の働きが劣化する原因ですから、できるだけ若いうちから活性酸素を取り除く抗酸化食品を多く食べるとよいでしょう。

 

野菜類や豆類、海藻などは抗酸化作用が高くカロリーも低いのでダイエットにもメリット。また緑茶のカテキンは殺菌効果がありますので、チチガ対策やケツガ対策にもぜひプラスしたいですね。

 

食事だけではチチガとケツガは完治しません。しかし体のなかから正しくアプローチを続けると、汗の成分が変わり菌の繁殖を抑制することができます。きついニオイから気にならない程度まで変化させることは可能なので、チチガ対策とケツガ対策にもぜひ食事の見直しを取り入れてみましょう。

スソガ対策のトップへ

関連ページ

ワキガ体質の人は要注意!デリケートゾーンも臭いやすい
スソガとチチガはワキガ体質の人がなりやすいといわれていますが、どれになっても恥ずかしい悩みですよね。ワキガはすぐにわかりやすいのですが、スソガとチチガは自覚できずにそのままにしている人も少なくありません。そこで注意したいのがワキガとの関係。なぜワキガだとスソガとチチガになりやすいのか理由をご説明したいと思います。
性行為でパートナーにうつるってホント?その真実とは
スソガの悩みって仲がよい友達にも恥ずかしくて相談できないですよね。スソガだとパートナーとの性行為がとても苦痛になり、ニオイがばれていないか不安になります。さらに気になるのがスソガはもしかしたら性行為でパートナーにもうつってしまうのではないかという問題。性病のような感染力があるのか、スソガが人にうつるかどうかをご説明したいと思います。
パンツの黄ばみの原因は?落とす方法をご紹介
下着はしっかり洗濯をしてもいつのまにか黄ばみがしっかり残り、漂白しても何をしてもきれいになりません。この原因はオリモノによることが多いのですが、それだけでなくスソガがパンツの黄ばみ原因になっているなんてことをご存知ですか?そこで早速ですが、効果的な下書きの汚れ対策をする方法をご紹介したいと思います。
デリケートゾーンの臭いが気になる!市販のデオドラントでは無理?
スソガ対策で市販のデオドラントを使っている方もいると思いますが、期待した効果を実感していますか?スソガは市販のデオドラント商品ではあまり効き目がなく、どうしていいか困っている人も多いと思います。病院で治療することも手段のひとつではありますが、その前にもっと効果的な改善策がないかご説明したいと思います。
病院で治すことはできる?治療方法について見てみよう
スソガの治し方はセルフケアだけでなく、しっかり治療を受けたい方には病院で手術をするのも方法のひとつです。でも病院に行くのは不安がつきまとうもので、どんな治療方法をするのかあらかじめ知っておきたいですよね。そこで早速ですが、病院でできるスソガの治し方についてご説明したいと思います。
スソガの特徴を教えて!どんなニオイに注意するべき?
スソガの特徴をつかむのは女性にとっては難しい点が色々ありますよね。デリケートゾーンなのでワキガほど心配しないなんて人も多いと思いますが、スソガが原因で恋人ができない、性交渉するのが嫌という影響を受けることもあります。身体のニオイはエチケットですから、どんな場面で周囲にバレるかわかりません。そこで早速ですが判断しにくいスソガの特徴についてご説明したいと思います。
アソコの上手な洗い方は?ポイントを抑えてニオイを減らそう
スソガは洗い方によってはニオイを悪化させてしまう場合があります。ワキや足の指、デリケートゾーンのようなニオイが強い部分ってどうしても強くこすって洗いたくなりますよね。ニオイ対策をするためには優しく洗うことが基本。では早速ですが、スソガの正しい洗い方についてご説明したいと思います。